March 05, 2006

おかえり、やなぎぃ!!

今日のゲームを見て、「ああ、ヤナギが帰ってきたんだ!」と改めて思いました。
ヤナギのハットトリックはものすごくうれしいけど、これは言ってみれば計算外。
私が切望していたのは、3点目(ヤナギ自身の2点目)の連携ですよ。
これだよ、これ~~~!!←家で絶叫しました。犬がびっくりしました。

ただ、以前のヤナギはここでよくふかしてた(いや、回数というよりは印象が・・・)。
それをきっちり決めてくれたところに(涙)。

ホントあの本山-小笠原-柳沢の流れるような攻撃はベストゴール集にぜひ入れてください。
今日の『巧』もあげてください。


ちょっと冷静に。
小笠原も本山も柳沢のようなFWが大好きだと思うんですよねぇ。どんなFWもうまく使うことは確かなんだけど、やっぱり一番は柳沢ですよ。彼らは相乗効果があるっていうか。お互いの持つ長所が引き出しあえるプレーするんだだよね(と私は思ってる)。今日の本山もやっぱりヤナギ効果があったんでは?と思ってます。
2002年だったかな、万博でのガンバ戦。本山、柳沢、エウレルの攻撃が今でも忘れられません。
スピーディかつ感じあえる攻撃。
これを今年見られるかと思うとわくわくが止まりません。
さらには野沢、アレックスミネイロがいるんだし。

からだのだるさにかまけて、ここの更新が滞っていたけど、1つの試合が私の中で穏やかに凪いでいた気持ちにまた火をつけましたわ。


さぁて、来週はカシマ開幕。東京駅からの直行バスも開通したことだし、たくさんのお客さんが入るといいなぁ。
もちろん、私も行きます!温玉麦とろ丼食べたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2006

2006年体制発表

『一新 制覇』
2006年のアントラーズのスローガンはこのようになりました。
一新する・・・アウトウォリ監督は屋根つきのミニ練習場の建設を要望してるとか?
経験豊富な監督の下、アントラーズがどう変わっていくのか、ホントに楽しみです。
代表合宿で2人いないのが、ホント残念だなぁ・・・。

オフィシャルからのニュース3つ
新体制発表
熊さんおかえり(涙)
新人君たち


30人体制なんですね・・。少ない気もするけど・・・まだこの後補強があると思うし。さてどうなるか。

背番号を見ての雑感。
5番はきっと新外国人選手用に空けてあるんでしょうね。
13番は・・・・どうなるんだろう、ホントに。こんな宙ぶらりんのままではだめだよね。早く手放せよ、メッシーナ。
30番は即うめちゃいましたね。そりゃ、完全移籍ですが、上二人とはえらく違う対処法。これはつまりは途中で干されてしまうような状況が起こり、鹿島に帰ってくるかもしれない・・・ということが起こりえないと踏んだからかな。


新ユニ・・・前とすっごく変わった~と思えないのはわたしだけ?まぁ、実物見てないし、写真もちっちゃいからそう思うんだろうけど。
いずれにせよ、まだ買わないなぁ。
わたしのユニがリニューアルするのは、星がでっかくなって、そでにヤタガラスがついたユニが販売された時ですわ。そうなった暁には、デザインがどうであろう(いや、○◎△業並だったら考えるが)とりにゅするよ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 14, 2006

どうなっているのでしょうか

2006年になって初めてのブログです。
なんだかパソコン使ってのネットから縁遠い生活をしていて、ちっとも更新がされてません。
携帯ではチェックしているんですけどね・・・。
っていうか、携帯でできることが多くてパソコン使わなくてもよくなっているってのが一番の原因かな。

しかし、そんなこと言っていてはいけませんね。
今年はW杯の年でもありますし、がんばって更新しなきゃ。
なんせ、このサイト立ち上げたのも『身近にサッカーの話ができる人がいなくて、どこかに思いを吐き出したい』というのが理由だったのですから。


さて、W杯の前にJリーグですが・・・・今年の移籍の状況にははっきり言って目が点です。プロ選手なんだから、より自分を評価してくれるところ、環境のいいところでサッカーをやりたいという気持ちは当然なんですが、チーム崩壊しそうな勢いでの移籍って・・・・。
まぁ、鹿島に関してはまったくその騒ぎに関与してないんで、語る言葉はないんですが。
それよりも気になるのは、鹿島の選手&元選手の動向です。
正式に決定するまで、あれこれ言いたくないんですが・・・どうなることやらと気を揉んでいる毎日です。

鹿島の補強って・・・ホントにないんですかね?監督交代で終わり?ま、すごい監督が来たことは確かだし、現有戦力に期待するってのは分からないでもないんですが、他チームと比べて選手の人数少なすぎやしませんか、と。

まだ、これから動きがあるのだと思っていますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 31, 2005

新監督

ここ数日「まさか」と思いつつも、スポーツ新聞の記事に踊らされていたのですが、ついに決定いたしました。

新監督就任のお知らせ


ついこの間、大仕事を成し遂げたばかりの監督が鹿島の監督になるとは!?


選手の補強がないだけに、監督がどんな仕事をしてくれるのか、非常に楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2005

忙しくしてる間に・・・

2005年のリーグ戦も終了してしまいました。
最終節は応援に行き、胸のすくような完勝&セレーゾの胴上げに感涙していたのですが・・・やっぱりそれだけじゃだめだよなぁ。
あの試合をあと5試合早くやってれば・・・と幾度も幾度も思いました。

しかし、天皇杯がこれからです。
10個目の星を今度こそ絶対、絶対に獲るぞ、と。


今日の大分戦はテレビ観戦でした。
出だしのミス連発に少々青ざめてたんですが、終わってみれば3-0の完勝。
まぁ、出だしのミスや小笠原のケガ(?)など不安材料は数々あったのですが、アレックス→小笠原→本山のあの得点ですっかりご満悦状態です。
でも、一番感動したのは後半ロスタイムの新井場のクリアだったりするんですけど。
こうでなくっちゃ!!

さて、天皇杯決勝チケット取りました。毎年取っているけど、2年連続売り払われる羽目になってるので、今度こそ1日まで我が手から離れぬように祈ってます。


最後に・・・W杯の対戦国決定
ブラジルとあたるのは・・・結構楽しみだったりして。
要するにオーストラリア@ひでぃんぐ率いててやな感じですが-とクロアチア@またかよ-勝てばいいことですから。

・・・って、それも簡単なことではないでしょうけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 20, 2005

ドローはもういい

この2ヶ月の戦績、2勝6分・・・負けてないんだよ。川崎に負けて以来、どこにも負けてないんだよね。
しかし!勝ち点は12しか積み上げられていない。

もうドローはいいんだよ~、勝ち点3しかいらないんだよ!!


しかし第三者からすれば、残り3試合を残して勝ち点2差に3チームというのは、おもしろいことこの上ないでしょうね。
史上まれに見る大混戦だった、2003年セカンドステージってどんなんだったっけ?渦中にありながら、最終節のことしか覚えてないよ(^_^;)

さて、アントラーズは「あやかちゃんを救おう!」という活動を行っています。この話、私が最初に知ったのは地元の新聞だったんですよね。あやかちゃんのお母さんの実家が私の地元なので。
そしたらば、アントラーズが活動開始。「茨城県の子だからか」と思ってたら、お父さんの方がアントラーズのサポーターですって。そしたらば、今度はドラゴンズの選手も同じく支援をしようと活動を始めました。今朝の中日スポーツ一面でした。
こういうつながりでどんどん支援の輪が広がり、あやかちゃんが無事に手術を受けられ、助かったらすばらしいですよね。
私も協力したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2005

淋しいな

川崎公式
川崎・相馬が引退
仏W杯戦士 相馬が今季限りで引退
98年W杯代表MF相馬が引退

ついに発表されました。
しかし、鹿島を去った時ほどのショックはなく、「ああ、この日が来たんだな」という思いが先にたちました。
川崎のHPのトップを見るにつけ、「これを鹿島でやってあげたかったな・・・」という思いがわきあがってきます。

思えば、アントラーズのメンバーとしての相馬さんのカシマ最終戦。これは秋田さんのカシマ最終戦でもありました。天皇杯柏戦だった。奇跡の逆転勝利が花を添えた、退団セレモニー。ボロボロ泣いてましたね、私も。

鹿島の選手で一番最初に2ショット写真とってもらった相手です。
相馬さん、ありがとう。
ここ数年はケガに泣かされてきたんですよね。ゆっくり休んで、また鹿島に戻ってきてください。
今はそれしか言えません。

11日は私の誕生日・・・とんだバースディプレゼントだったなぁ(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 31, 2005

C大阪戦

長居の呪いを解くべく、仕事もほっぽり出して勇んで出かけました。

結果だけいえば、勝ち点が2足りなかったけど・・・試合的にはゴールを決められなかったことのみを除けば、かなり満足でした。
というか、久々に満足した試合を見ることができたというべきか。

そのくらい選手たちが熱かった。
最後の最後まで決してあきらめていなかった。

それはセレッソの方も同じで、まぁ攻守がめまぐるしく展開し、身体に力が入って疲れたのなんのって・・・・。
最後の方なんか、半泣き状態でした。


ざっと感想。

今日の小笠原は久々に見るよい小笠原でした。ああやってボール奪取&絶妙なパスをする小笠原でなくっちゃ。
今日の本山もよい本山でした。体調がよくないということでかなり心配してたんですが、ドリブルのキレは常に比べてかなりよかった。というか、後で録画を見たけど、やっぱ生で(しかも目の前での)見る動きは全然ちがって見えましたよ。深井と合わせて、ドリブルワークに堪能させてもらいました。
青木は1本最後まであきらめずにあきらめずにキープしたボールがあったけど、あれはよくがんばった!と褒めたい。が、それぐらいで褒められちゃ不本意だと思ってもらおう。

で、岩政。前半から今日は頭部厄日か!?というほど、頭部にダメージを受けていました。前半終了間際のあれは対面だったので、何が起こっているのかさっぱりわからなかったけど、後で録画見てぞっとしました。ゴールポストにもろ激突じゃないですか。よくぞ、すぐ戻れたと・・・・。アイアンボディ?
でも、十分ケアしておいてほしいですよ・・・後に響かないように。

そして、ソガ。何度も何度もフィールドに出てきて、セーブ。あんなに前に出てくるソガを見たのは初めてかも。
最後は肝が冷えましたが、あれが外れたのもソガの執念の賜物でしょう。
2試合連続完封です。

最後に新井場。あれがレッドというのは厳しすぎるでしょう。しかし、この日に限っては比較対象審判を前日の浦和ー川崎の審判としていたので、どんなジャッジも「昨日に比べればましか」で片付けてしまっていました。
それってどうよ、と思わんでもないんですが。ま、柏原だったし。
こういうレッドが出た時は帳尻あわせをするんでないかな、と思ってましたが、案の定あちらさんもナンバー20がイエロー2枚で退場。・・・・なんだかな。


ガンバが負け、首位との勝ち点差は1.しかし、下に勝ち点差3で迫っているチームがある。
団子レースになってきました。
最後はホントに執念と底力があるチームが勝つでしょう。

ますます目が離せなくなってきましたよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2005

名古屋戦

仕事が押してるんで、なかなかブログも書けず。
いや、気分的なものもあるんですが。

セレーゾ今季限り!とか、
田中達也のケガとか、
書きたいネタは山盛りでしたが・・・・すっかり時期を外しちゃいました。

ゆえに名古屋戦のことだけでいきます。
鹿島は死なず!本山劇弾!逆転VへG大阪と「2差」接近
本山恩返し弾!鹿島 2差迫った
本山で2差 鹿島再接近!

ガンバが負けたたため、がぜん面白くなってきました。
ドラマチックな幕引き希望ですが、ドラマチックというのも勝者と第三者にとってしかそう思えませんからね。
ええ、それは2003年セカンドステージでいやというほど感じました。
ぜひ、ドラマを見せてもらいましょう!
セレーゾ勇退に向けて、すべてのものが一丸となろう。

ガンバは二川に続き、宮本も負傷離脱。しかし、そういう時こそ、あちらさんも死に物狂いで行くでしょう。
ちぃとも追い風にはなりゃしません。

鹿島も昨日のゲーム見てる限りでは、調子がいいとは思えませんからね。
1戦1戦きっちり勝っていくことのみ、です。
次は苦手セレッソ。セレッソは連勝中だし、今年はリーグ戦カップ戦ともに勝ち星なし、という状況。
優勝するなら、そんな屈辱的なことは許されませんよ~。


さて、来週は日曜日のゲーム。長居陸上競技場はうちから行きやすいスタジアムベスト3に入るんですけどね。
仕事が仕事が・・・・・何とかならんかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2005

改めてガンバ戦

鹿島ドロー、終戦目前追いついた
見ごたえ満点!鹿島3-3ガンバの首位決戦!勝ち点1差キープ
小笠原2発!鹿島執念1差離れん
鹿島、執念のドロー
リーダー・小笠原淡々 “土壇場”経験に自信


一夜たって、改めて「大変なゲームだったな」と。
ここでガンバを抜ければ、ホントに言うことなしだったんだけど・・・そうはいかなかったことが悔しい。
しかし、あと9試合ある。
1試合1試合が正念場。本当に優勝する力があるか否か。
このままドキドキが12月はじめまで続くかと思うと身体に悪いんですが、仕事がものすごく忙しくなる時期だからこそ、鹿島からはパワーをもらいたいですわ。

PS.昨日、あいまいなこと書いてた最後のアレックス・ミネイロの得点。アシストは新井場じゃなく隆行でしたね。
オフィシャルやどこやらの記録に新井場になっていたわけですが、ビデオを見返したら、やっぱり隆行でした。
でもって、最後の最後のオフサイド・・・惜しかったなぁ。最後、もう少し落ち着いてれば、あれはオフサイドじゃなく得点できたかも知れなかったや。ま、いまさらですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«首位決戦